株式会社カネマン|一般注文住宅|共同住宅|リフォーム|店舗設計|宅地販売|製材|チップ業|福島県伊達郡

式会社カネマン
フルハウス桑折事業所
〒969-1661
福島県伊達郡桑折町大字
上郡字仲丸4-4
TEL.024-582-1290
FAX.024-582-1291
フルハウス鹿島事業所
〒979-2302
福島県南相馬市鹿島区
南柚木字相馬清水305-1
TEL.0244-46-1222
FAX.0244-46-1223
------------------------------
一般注文住宅・共同住宅・
リフォームの設計・施工
店舗設計・施工、宅地販売、
製材・チップ業
------------------------------
●建設業許可
  福島(般-19)第22206号
●建築設計事務所登録
  福島第21(903)3058号
●(社)福島県宅地建物取引業
  協会会員
  福島県知事(2)第2388号
Google

WWW を検索
268.co.jp を検索

 

ヒノキの家にすむ

 

ヒノキの家にすむ

ヒノキの家にすむ
 
太古の昔から、神社やお寺などに使用されてきたヒノキの柱。
その強度は歴史が証明するとおり、1400年の月日を経ても法隆寺は建立し続けています。
見た目にも、その黄色を帯びた光沢のある白色の木肌は美しく、晴れ舞台のことを「檜舞台」と言ったり、高級な住宅の代名詞として「総檜づくり」という言葉があったりと、昔からヒノキは貴重で、憧れるものとして存在していました。
また、近年では、ヒノキに含まれているヒノキチオールには抗菌作用があることが確認され、食品添加物として、化粧品として、多方面に利用できることが期待されているばかりか、ヒノキの心地よい香りには脳波の鎮静作用(リラックス効果)も認められています。
 
フルハウスでは天然無垢材4寸角ヒノキの柱を使用し、安全・安心で長くお住まいになれる家づくりを皆様にご提案させていただき、製材会社として、天然の無垢材を使い、「木に囲まれたリラックスできる空間」を皆さまにご提供することが、家族の団らんの場をつくり、心にゆとりを持った暮らしのご提案になると考えています。
 

断熱・耐震パネル

断熱・耐震パネル
 
木造在来軸組工法と耐震断熱パネル工法を組み合わせることにより、有効壁倍率は2.5倍。
パネルと一体化された断熱材【押出法ポリスチレンフォーム】は、グラスウールの約2倍の断熱性能で、次世代省エネ基準(II・III地域)の2倍の厚みの60mmを使用。
1棟1棟建物の形状や窓枠などに合わせたパネルを工場にてプレカット生産で施工精度も向上させています。
 
断熱・耐震パネルはJAS認定を受けた、低ホルムアルデヒド構造用パネル(F☆☆☆☆)で、JAS認定工場でお客様のお家1棟ごとに受注生産されています。
 

剛床工法

剛床工法
 
【剛床工法】
木造軸組工法で一般的な「ころがし根太工法」で、地震の力による床の「ねじれ」や「ゆがみ」を、強力な床剛性で抑えます。床を一体化させた面構造の「剛床工法」。地震に対する強さ、構造の安定感がさらに高くなっています。
 
 
【剛床工法の4つのメリット】
①優れた耐震性能
②床のたわみを抑えます。
③床鳴りを抑えます。
④火災に対する性能が向上します。
 

ベタ基礎

ベタ基礎
 
鉄筋コンクリートベタ基礎は建物の荷重をコンクリート盤全面で支え、耐震性・耐久性に優れています。
また、キソパッキング工法と組み合わせることにより、快適な床下環境を実現しています。
 

床下全周キソパッキング工法

床下全周キソパッキング工法
 
基礎と土台を密着させず、土台の乾燥状態を確保するほか、基礎の換気開口部を設ける必要がなく、クラックの原因がなくなりました。
 

耐震金物

耐震金物
 
アンカーボルト(住宅金融公庫基準同等品)や羽子板ボルトなどを使用し、パネル工法と組み合わせることで、より耐震性の高いお家づくりをしています。
桑​折​事​業​所​
鹿​島​事​業​所​
qrcode.png
http://268.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
044173
<<株式会社カネマン>> 〒969-1661 福島県伊達郡桑折町大字上郡字仲丸4-4 TEL:024-582-1290 FAX:024-582-1291